日本の反戦運動におけるパラレルワールド

佐藤澄江著 World BEYOND War、1 6月2023

以下の日本語

佐藤さんはメンバーです World BEYOND Warの日本支部です。

G7広島サミットが閉幕して20週間が経ちました。 XNUMX月XNUMX日の日曜日、私は民主主義国家日本の母親であり国民として、他のメンバーとともに広島での自転車キャラバン抗議活動で核廃絶のメッセージを表明しました。 WBW日本支部.

私たちは事前にオンラインで何度も話し合い、お互いのことを知り、イベントを計画しました。 当日が近づくにつれて地元の規制がますます厳しくなっているというニュースを聞き続けていたため、キャラバンがどのような結果になるのか、私たちの誰も完全に確信していませんでした。

キャラバン前日の19月XNUMX日、広島市内で何の前触れもなく突然XNUMX時間以上立ち往生し、交通規制をまさに体験しました。 私の目の前を数台のパトカーとバイクがゆっくりと通過し、その後ろには「重要人物」を乗せた黒い車が見えました。 突然の制限に耐えるしかありませんでした。 翌日、自転車で市内を走ってみると、週末にもかかわらず人影が少なく、まるでゴーストタウンのようでした。 広島県民には週末前から交通規制による不要不急の外出を控えるよう繰り返し勧告されていた。

このレポートでは、日本の国民である私が、メディアの報道や目にした記事に基づいて、G7広島サミットについて感じたこと、考えたことを読者の皆様と共有したいと思います。 キャラバン活動に関する完全かつ包括的なレポートについては、以下をお読みください。 記事 WBW日本支部コーディネーターのジョゼフ・エセルティエが執筆。

キャラバン活動とこのイベントについての 24 時間の振り返りの後、WBW 日本支部のメンバーは意見を交換し、直接行動に参加することは前向きで有意義だったことに全員が同意しました。 私も家族全員で参加しましたが、公共の場で人々がメッセージを伝え、表現の自由の権利を行使する姿は、民主主義国家である日本ではなかなか見られない光景で、子供たちに強い印象を残したものと思います。 しかし同時に、G7広島サミットに対する日本社会の反応が私が期待していたものとは程遠いものだったということを改めて痛感させられました。 私の周囲にはG7広島サミットに興味を持つ人はほとんどおらず、メディアを通して見たのは他のG7諸国と歩調を合わせた日本の軍事力増強について真剣に論じる専門家や有識者らの報道だけで、一般国民は常に批判を浴びせられていた。あたかも有名人が街にいるかのように、G7 サミット中に開催されるイベントについてのお祭りの画像やゴシップを流します。 残念なことに、これは私が見たニュース報道の典型的なものでした。

核廃絶に向けた大きな進展に大きな期待が寄せられましたが、閉会時には次のような声が聞かれました。 「原爆が投下された広島が、自国の核兵器を肯定し、反対国の核兵器だけを非難するメッセージを送ることは容認できない。」 原爆被爆者サーロー節子さんの言葉です。 「私の希望は打ち砕かれた」――広島からのこのような声は、控えめに言ってもサミットの結果が満足いくものではなかったことを示している。 そんなとき、サーロー節子の発言を次のように説明する記事を見つけた。 「自己矛盾したナンセンス」 そして、著者の言葉を借りれば、世界の指導者による広島平和記念資料館訪問が「核戦争を回避するバタフライ効果」となることを願った。

核廃絶を求める声が、これほどまでに世界の指導者たちに届かないのはなぜでしょうか。

日本では、ウクライナ戦争勃発以来、マスメディアは戦争の起源について十分な議論を行わずに、米国が広めた対ロシア戦争の言説を流し続け、これが世論を大きく形作ってきた。 しかし、米国や主に西側諸国の主要メディアでは報道されていない視点からウクライナ戦争を見てみると、米国主導の代理戦争(とその軍事産業)という別の物語が浮かび上がってくる。 私は、今世界で起きていることは、歴史解釈が異なる二つの交わらない世界、つまりパラレル・ユニバースの出現であり、このパラレル・ユニバースが反戦運動のねじれを引き起こしているのではないかと考えています。

例を挙げます。 G7広島サミット開会前に記者会見が行われました。 「今こそ停戦だ」 この組織は、アフガニスタンのDDR(軍縮・動員解除・社会復帰)担当元日本政府特使の伊勢崎賢治氏ら、少数意見ではあるものの、戦争開始以来一貫してそれを最優先事項としてきた人々によって率いられていた。交渉のテーブルを作り、人命を救うためです。 そして、記者会見での質疑応答で見られたように、聴衆の中には停戦に疑問を持ち、祖国のために戦いたいというウクライナ国民の願望を無視すべきではないと主張する人もいる。 この見解は、ロシアが諸悪の根源とみなされている西側諸国、特に米国の多くの人々に共有されている。 言い換えれば、彼らは、どれほど多くの命が犠牲になってもロシアと戦い続けると主張しており、邪悪なロシアを好き勝手にさせるわけにはいかない。 そのような悪に対して、核兵器の保有は抑止力になる、と彼らは考えています。 実際、このレトリックはG7諸国で核兵器の保有を正当化するために使用されました。 この抑止力に関するレトリックは、中国の「脅威」に対する日本の軍拡を正当化するためによく使われてきた。 悪と戦うために核兵器の保有や軍備増強が正当化されるという主張は、反戦運動のあるべき姿とは真逆である。

反戦運動は常にあらゆる戦争を否定してきました。 しかし、並行世界が統治する今日の世界では、多くの反戦活動家さえも、平和のために戦うためにさらなる兵器支援と戦争継続を求めているというねじれた状況を目の当たりにしています。

私たちは皆平和を望んでいます。

私たちは戦争を拒否し、核廃絶を推し進め、対話を通じて相互理解を深め、平和を実現するのでしょうか? それとも、私たちは武装し、核兵器の保有による抑止力に依存し、恐怖を煽ることによって平和を達成するのでしょうか?

隣人に誰を望むか選べと言われたら、母親である私は前者を選ぶでしょう。

私は平和のためにあらゆる戦争を拒否し続けます。

創造に向けて想像し、行動し続けます。 world beyond war.

単に他に方法がないからです。

今、私たちの目の前にある課題は、対話と非暴力の直接行動を通じて、この並行世界がさらに崩壊するのをどのように防ぐことができるかを考えることです。

パラレルユニバース

G7広島サミットが終わり1週間が終わりました。

5月20日(日)、私は母として、民主国家日本の一有権者として、核絶絶のメッセージをWorld BEYOND War日本支部のメンバーとともに現地広島で自転車キャラバンという自主行動で表明してきました。

事前にオンラインで対面調整の為の為の時間を重ねて、現地での規制が厳しくなるというニュースに一体どんなキャラになるバンなのか多少の不安を抱えながら当日を迎えました。

キャラバン前日の19日には私も広島市内の交通規制に立ち往生されました。 パトカーや白バイの後ろを黒い車が連なりながらゆっくり走行、通行人は突然の規制に為す術もなく忍ぶ。という事前情報から広島市民の大半が行動を自粛した模様で、20日に自転車キャラバンで市内を走っている中週末にもかかわらず人手がかからず非常に少ないゴーストタウン様でした。

反省行動の振り返りはWBW支部長のエサティエ ジョセフさんが私はG7広島サミットに関するいくつかの記事をもとに幕後に思ったことを皆さんと共有したいと思います。

意思行動を終了WBW日本支部のメンバーと意見を交わし実際に行動するという事の大切さやそれが有意義な時間であった事を共有しました。私は家族全員で参加しまし一緒に参加した子供達は言論自由をもとに想いのメッセージを思い行動する人々の姿を見て何かを感じたのではないかと思います。私の周りにG7広島サミットへ関心を寄せている人は少なく、マスメディアを通して目にするのは重要な論点に関しては専門家や知識人が他国と足並みを揃えて軍備で盛り上がり、一般庶民はG7をお祭り西各国の要人を有名人でも注目する様に盛り上がる、残念ながらそんな報道ばかりでした。

そして核廃へ大きく前進の期待が寄せられるも、閉幕を迎えて聞こえるのは「自国内合意は肯定し、対立する国内妥協を非難するだけの発信を被爆地からするのは無理だ」という被爆者のサーロー節子さんの声や、「望みを打ち砕かれた」という広島からの声など、とうてい満足できる内容ではなかった事を表しています。自己矛盾だらけの戯言「とし各国が原爆資料館を訪問記した事が「核戦争を回避するバタフライ効果になることを待っている」と締めくくる内容の記事も注目しました。

時々、核廃絶という声がこうずっと見ないのか。

日本ではウクライナ戦争が勃発した当初から事の発端がしっかりと議論されないままメディアはアメリカが描くロシアは悪いという一歩を着実に流し続け世論をしてきました。報道されない視点からウクライナ戦争を紐解くと、そこにはアメリカ主導の戦争代理人というそういう物語が見えてきます。世界、パラレル・ユニバース(並行宇宙)が出来上がる、このパラレル・ユニバースが反戦運動に捻れを起こしているのではないかと思います。

その捻れが感じられる一つの例をここに挙げます。 ウクライナ戦争が始まった当初から一貫して交渉のテーブルを作る人命を救う事を最優先に声をあげてきた 伊勢崎賢治氏(元アフガン戦略解除)日本政府特別代表)が、「今まさに停止戦を」という題でG7各国へ向けてサミット開幕前に記者会見を開きました。ての戦闘はありえないという声です。これはロシアを根本としてアメリカを筆頭に西欧諸国に喜んで見られます。 G7広島サミットでもロシアや中国の脅威が核保有を正当化するレトリックとして使われた。このレトリックは日本が当事者になる対中戦争だそれでも利用されている軍拡を並行する動きにもつながっている。武器支援も核保有も軍備も悪と戦う為には正当化されるという主張が世論を支配し始めていると感じている。

反戦運動はこれまで一貫して全ての戦争を拒否してきました。 しかし、パラレルユニバースに支配される今の世界では、これまで反戦を大切にしてきた運動家も試合を拒否し武器支援を後押ししています平和の為に戦うという歪んだ主張が広められています。

私は皆平和を理解しています。

戦争を拒否し核廃絶を推進する対話により生まれる相互理解の先にある平和を求めるのか、あるいは核保有による抑止力に頼って軍備をし恐怖心を煽る事で平和を強いのか。適切として選ぶ場合は前者を選びます。

私は平和の為に全ての戦争を拒否し続けます。

私は戦争がない世界 (World BEYOND War)を想像し創造する為に行動し続けます。

G7広島サミットで行った自転車キャラバンを通して公の場で行動を意見を発信し続ける事の大切さを真剣に考えた瞬間、反戦を求める私達がこのパラレルユニバース(並行宇宙)にどっち様な仕事座りをし続ける事が出来るのかがこれからの重要な課題ではないかと思います。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

関連記事

私たちの変化理論

戦争を終わらせる方法

2024年戦争廃止者賞
反戦イベント
成長を支援

小さなドナーは私たちを動かし続けます

月額15ドル以上の定期的な寄付を選択した場合は、お礼の贈り物を選択できます。 私達は私達のウェブサイトで私達の定期的な寄付者に感謝します。

これは、 world beyond war
WBWショップ
任意の言語に翻訳