沖縄知事、国連に米軍基地が平和を脅かしていると発言

ジャパンタイムズ、20年2023月XNUMX日

沖縄県知事は月曜日の国連総会で、県内の米軍基地の移転計画に反対し、国際的な支持を求めた。

しかし、玉城デニー知事の姿勢はジュネーブの会場で日本政府関係者によって即座に疑問視され、1990年代に日本政府と米国政府が初めて合意に達したことに基づくこのプロジェクトをめぐる論争を浮き彫りにして意見が分かれた。

玉城氏は世界機関の人権理事会の会合で「私が今日ここに来たのは、沖縄の状況を世界に目撃してもらうためだ」と述べ、沖縄への軍事基地の集中が平和を脅かしていると主張した。

沖縄県知事としてXNUMX年ぶりに議会で演説した玉城氏は、「民主的に行われた住民投票で沖縄有権者が明らかに反対したにもかかわらず、埋め立て工事は進められている」と述べた。

彼は日本の非政府組織のために割り当てられたセッションの一部で講演した。

二国間合意に基づき、日本政府は地元の根強い反対にもかかわらず、米海兵隊普天間飛行場を宜野湾市の人口密集地から沖縄本島の名護市沿岸部に建設中の新施設に移設する作業を進めている。 。

玉城氏は、この島には日本の総面積のわずか70%しかないのに、在日米軍基地の0.6%を抱えているとして、移転計画阻止に奮闘する中で国際的な支援を増やそうとしている。

しかし、今月初め、日本の最高裁判所は、必要な埋め立て工事の実施に関する中央政府の命令に対する政府の上告を棄却した。

残りを読む ジャパンタイムズ.

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

関連記事

私たちの変化理論

戦争を終わらせる方法

平和への挑戦への挑戦
反戦イベント
成長を支援

小さなドナーは私たちを動かし続けます

月額15ドル以上の定期的な寄付を選択した場合は、お礼の贈り物を選択できます。 私達は私達のウェブサイトで私達の定期的な寄付者に感謝します。

これは、 world beyond war
WBWショップ
任意の言語に翻訳