国際的な学者、ジャーナリスト、平和活動家、芸術家、沖縄の新海兵隊基地建設の要求に終止符を打つ

沖縄利益団体、6 年 2023 月 XNUMX 日

ジョー・バイデン大統領と米国国民の皆様へ

岸田文雄内閣総理大臣及び国民の皆様へ

103年前、言語学者のノーム・チョムスキーや元米陸軍大佐で外交官のアン・ライトを含むXNUMX人の国際的な学者、ジャーナリスト、芸術家、平和活動家が次のような声明を発表した。 ステートメント 沖縄本島北部の辺野古岬に新たな米海兵隊基地を建設することに反対している。しかし今でも、日米両政府は、沖縄県民の大多数の反対にもかかわらず、この高額な埋め立て計画に固執し、かけがえのない生態系を無謀に破壊している。残念なことに、辺野古側の工事は、 総面積の約4分の1 回収はほぼ完了です。彼らは今、北側、深くて貴重な多様性を持つ大浦湾の干拓に着手しようとしている。

辺野古に基地を建設する計画は1960年代から検討されてきた。 1996年の日米協定で復活した(コート)宜野湾市の混雑した真ん中に危険な位置にある海兵隊普天間飛行場の「代替施設」として。四半世紀以上が経った今でも、日米両政府は普天間基地が占拠している土地を未だに国民に返還しておらず、返還すらしていない。 レポート 米国は新基地建設後も両基地を維持することを目指しているとしている。

沖縄の自決権、民主主義、自治権を主張するこの請願署名者である私たちは、これまで日米の事実上の軍事植民地であった沖縄のさらなる軍事化を拒否する沖縄県民への支持を新たにします。第二次世界大戦が終わってから。

以前は独立した琉球王国だった沖縄は、封建制日本による 1879 世紀にわたる支配の後、XNUMX 年に大日本帝国によって強制的に併合されました。琉球列島の人々は、西洋帝国大国によって植民地化された世界中の多くの先住民族と同様に、言語、名前、伝統、そして主権者および自治民族としての尊厳を奪われ、日本に強制的に同化された。

アジア太平洋戦争末期、日本は「天皇の領土」を守るために沖縄を「犠牲の駒」として利用し、沖縄での戦いを続け、島民全員を動員した。日米間の戦争では、人口の4分の1以上に当たる12万人以上の沖縄県民が命を落とした。その後、米軍は戦争の戦利品として島々を占領し、120,000年近く経った今でも沖縄の陸、空、海を占領し、強姦や殺人、致命的な航空機や車両の事故、環境悪化などの膨大な人権侵害を引き起こしている。 PFASによる水の汚染など。

20年2023月XNUMX日、高等裁判所福岡那覇支部は、費用がかかり、長期にわたる工事が必要となる「マヨネーズ状」の軟らかい海底に対処するため、国の工法変更を承認するよう沖縄県に命じた。不可能" (によると 専門家)新基地の大浦湾部分の埋め立てを可能にする地盤補強。辺野古基地反対を掲げて2018年と2022年の知事選挙に勝利した玉城デニー沖縄県知事は、25月27日に裁判所命令を拒否し、XNUMX月XNUMX日に最高裁判所に上告した。

28月XNUMX日、日本政府は沖縄県を代表して史上初の異例の「代執行」により計画変更を承認した(だいしっこう)1999年に改正された地方自治法に基づいて定められています。

一言で言えば、裁判所は事実上、州が法律を独自に掌握し、地方自治体の自治権を踏みにじることを許可したことになる。日本政府は12年2024月XNUMX日に大浦湾の埋め立て工事を開始する予定だ。

An 沖縄タイムズ 社説 28月XNUMX日、次のように主張した。

地方自治法に基づく代執行は全国でも例がない。日本政府は「普天間飛行場の一日も早い危険性の除去」を口実に、地方自治を侵害する強硬手段に出てきた。

  琉球新報、別の沖縄の新聞は27月XNUMX日の紙面でこう尋ねた。 社説:

他県の人は、自分たちの地域に降りかかるこのような状況を容認するだろうか。 …彼らは、沖縄に対するこの前例のない判決[代執行]は他の場所では起こり得ないと考えているので無関心なのでしょうか?

それは植民地時代の無関心です。日本の他の地域は無関心であり、大多数のアメリカ国民は政府が沖縄で何をしているのか知りません。

バイデン大統領と岸田首相、そして日米国民の皆さん、私たちは沖縄の差別と軍事植民地化を終わらせなければなりません。その第一歩は、6.5億ドル以上の費用がかかり、完成までに10年以上かかると予想される大浦湾辺野古の新基地建設を中止することだ。

私たちが正しいことをすべき時が来ました。

 

1 真理子 安倍 日本自然保護協会 保全・教育部 部長 日本
2 エイミー アントヌッチ 小規模農家兼活動家 USA
3 エレン バーフィールド 平和を求める退役軍人、軍人家族が声を上げる、戦争抵抗者同盟 USA
4 ウォールデン ベリョ 取締役会共同議長、グローバル・サウスに焦点を当てる フィリピン/

タイ

5 最大値 ブルーメンソール グレイゾーン USA
6 ジャクリーン カバッソ 事務局長/Western States Legal Foundation USA
7 ヘレン カルディコット 社会的責任を担う医師の創設者、1985 年ノーベル平和賞 オーストラリア
8 マリリン カーライル ピースアクション USA
9 スンヒ チェ 江汀平和活動家 韓国
10 レイチェル クラーク 準会員 / Veterans For Peace / 通訳、グローバルコーディネーター USA
11 ジェリー コンドン 理事会 / Veterans For Peace USA
12 マリー クルーズ・ソト ビエケス島、プエルトリコ、および米国の歴史家 プエルトリコ/アメリカ
13 ルード ブラバント Vrede vzw – 広報担当者 ベルギー
14 アリエル ドーフマン 著者 USA
15 アレクシス ダデン 歴史学教授 / コネチカット大学 USA
16 Mark Hodder イーリー 翻訳者 ニュージーランド
17 パット エルダー 軍事毒 USA
18 ヨセフ エスサーティエ 日本コーディネーター World BEYOND War 日本
19 コラソン ファブロス 国際平和局共同局長 フィリピン
20 トーマス ファジ ジャーナリストおよび作家 Italy
21 John Redfern フェファー 外交政策担当ディレクター USA
22 標準 フィールド シカゴ大学名誉教授、東アジア言語と文明 USA
23 マーガレット ディレクター、ポピュラー・レジスタンス USA
24 たかし 藤谷 トロント大学教授 カナダ
25 ブルース ガニョン 宇宙における兵器と原子力に反対する世界ネットワークのコーディネーター USA
26 ヨセフ ガーソン 平和・軍縮・共通安全保障キャンペーン会長 USA
27 アーロン・P・コーエン グッド 政治学者、歴史家 USA
28 デイビッド ハートソー サンフランシスコフレンズミーティング USA
29 Chris Ho (クリス・ホー) ヘッジ ピューリッツァー賞を受賞したジャーナリスト兼作家 USA
30 Laura ハイン ノースウェスタン大学歴史学教授 USA
31 マーサ ヘネシー カトリック労働者 USA
32 三保 ひき 幼児教育者 日本
33 ユンシン ホン 沖縄大学 / 助教 日本
34 Peter Bauman ハルム Global Insights 副編集長 スイス
35 正道(まろ) 井上 ケンタッキー大学教授 USA
36 アケミ ジョンソン 著者 USA
37 エリン Jones 翻訳家 / 独立研究者 USA
38 John Redfern ユンカーマン ドキュメンタリー映画監督 日本
39 真理子 リルーエット フレンドシップ センター カナダ
40 カイル かじひろ ハワイ大学マノア校助教授 ハワイ
41 クリスティン カルチ NATOに国際的に「ノー」 ドイツ
42 ローズマリー キーン マサチューセッツ平和行動人種正義作業部会 USA
43 クラウディア・ジョンヒョン キム 香港城市大学 香港
44 ヨンファン キム 歴史の真実と正義のセンター 韓国
45 ウラ クレッツァー 平和のための女性 – フィンランド Finland
46 喜び 小川 著者 カナダ
47 龍子 久保田 ブリティッシュ·コロンビア大学 カナダ
48 ジェレミー クズマロフ CovertAction Magazine 編集長 USA
49 Peter Bauman クズニック アメリカン大学歴史学教授 USA
50 ホクテ クォン 聖公会大学 Korea
51 ジュディス ロング 科学顧問 / 援助チーム USA
52 ドナルド ラスロップ 平和と正義を求めるバークシャー市民 USA
53 ニディア 退職した教育者 USA
54 アンドリア ルブラン 平和な明日のための9月11th家族 USA
55 スティーブン リーパー 平和文化村 日本
56 ジョン レットマン 独立ジャーナリスト USA
57 マドレーヌ ルイス アーティスト USA
58 チャールズ・ダグラス ルミス 津田塾大学教授(退職)。退役軍人平和のための琉球・沖縄支部国際コーディネーター(VFP-ROCK) 日本
59 キャサリン ルッツ ブラウン大学 USA
60 マクリア 作家兼講師 カナダ
61 キャシー マリー・モリソン ボストン大学名誉教授、集団平和行動メンバー USA
62 一味 マルティエンセン アーティスト カナダ
63 アビー マーティン ジャーナリスト、エンパイア・ファイルズ USA
64 ケヴィン マーティン ピースアクション会長 USA
65 ウェンディ 松村 准教授/カリフォルニア大学サンディエゴ校 USA
66 ギャバン マコーマック オーストラリア国立大学名誉教授 オーストラリア
67 Mairead マクガイア ノーベル平和賞受賞者、ピース・ピープル・アイルランド共同創設者 北アイルランド
68 ニッキ メイス 動物学者、自然保護活動家、環境ライター、編集者、デザイナー スイス
69 マーティン メルコニアン 経済学教授 USA
70 スーザン ミルスキー 平和と戦争に関するニュートン対話 USA
71 ユキ 宮本 デポール大学教授 USA
72 晴子 森滝 核兵器廃絶を目指す広島連合(阪和) 日本
73 テッサ モリス・スズキ オーストラリア国立大学名誉教授 オーストラリア
74 キャサリン ムジク 海洋生物学者、作家 USA
75 クリストファー Nelson ノースカロライナ大学チャペルヒル校 USA
76 KJ 平和への転換 USA
77 リチャード Ochs 理事 / メリーランド平和行動 USA
78 みどり 小笠原 ビクトリア大学社会学部助教授 カナダ
79 聡子 岡乗松 平和哲学センター所長 カナダ/日本
80 小野田パワー ジョージタウン大学 USA
81 秋野 大城 エアランゲンニュルンベルク大学 韓国
82 翔子 大城 講師 沖縄
83 秀子 大竹 Stand with OKINAWA NY コーディネーター USA
84 しなこ 親川 ACSILs (ルー・チューワン族独立のための総合研究協会) 琉球
85 ノリコ 大山 沖縄平和アピール、VFPロック USA
86 ローズマリー 平和 パックスクリスティ USA
87 クーハン パイク・マンダー 著者 USA
88 トニー Palombaの 運営委員会、平和、正義、環境を求めるウォータータウン市民 USA
89 テア パネス アーリントン・ユナイテッド・フォー・ジャスティス・ウィズ・ピース (MA) USA
90 マシュー ペニー 准教授 カナダ
91 マーガレット 出力 平和と民主主義の歴史家共同議長 USA
92 John Redfern 価格 ビクトリア大学グローバルスタディーズセンター研究員 カナダ
93 マジン クムシエ パレスチナ生物多様性と持続可能性研究所教授兼所長 パレスチナ
94 スティーブ ラブソン ブラウン大学 USA
95 John Redfern ラビー Peace Action Maine 共同議長 USA
96 ウィリアム ラムジー 著者 USA
97 ワイアット リード 編集長、The Grayzone USA
98 ジョン ラインシュ 著者 USA
99 デニス 成城大学教授 日本
100 ジュン 笹本 弁護士 日本
101 スーザン シュナル 退役軍人平和のための理事会会長 USA
102 Mark Hodder セルデン コー​​ネル大学 USA
103 ティム ショーロック 独立ジャーナリスト USA
104 Stephen Longfield スレイナー マサチューセッツ平和行動を支援する USA
105 スティーブン スター ミズーリ大学、臨床助教授 USA
106 ヴィッキー スタイニッツ マサチューセッツボストン校退職教員 USA
107 オリバー 宝石類 映画制作者 USA
108 ダグ 安定した ラーニングテクノロジスト 日本
109 デイビッド スワンソン 事務局長、 World BEYOND War USA
110 ひろ子 高橋 奈良大学教授(歴史学) 日本
111 ロイ 玉城 ウェブスター大学名誉教授 USA
112 ユキ 田中 歴史家 オーストラリア
113 カイア ヴェレイデ 海の平和のための島々連帯済州委員会 韓国 / アメリカ
114 パキ ヴィーラント コードピン USA
115 ウィリス スキッドモア大学客員助教授 USA
116 ローレンス ウィットナー ニューヨーク州立大学オールバニー校歴史学名誉教授 USA
117 エレン ウッズワース WILPFカナダ共同会長 / 講演者および都市横断コンサルタント / 都市国際社会を変革する女家長女性元バンクーバー市議会議員 カナダ
118 アン ライト 退役米陸軍大佐、元米国外交官 / Veterans For Peace USA
119 ヤマグシク 著者 カナダ
120 リサ 米山 トロント大学 カナダ
121 秀樹 吉川 沖縄環境正義プロジェクト ディレクター 日本
122 綾香 吉水 ブリティッシュコロンビア大学教学助教授 カナダ
123 ジェフリー ヤング 米国下院議員候補。 USA

400 年 5 月 2024 日 (太平洋標準時午後 15 時 37 分) 時点での XNUMX 名を超える署名者の完全なリストは次のとおりです。 ここ.

3応答

  1. この基地の建設を止めるだけでは十分ではない―日本と世界中のすべての基地を閉鎖する―この狂気を終わらせる―全人類に対するこの増え続ける脅威―バイデンに伝えてください―議会に伝えてください―すべての基地を閉鎖してください―平和を求め始めてください―真の平和誰かが自分の意見を他人に押し付ける勝者のことではありません – 私たちはこの植民地主義のすべてにうんざりしていませんか – 私たちの自由を奪うこの帝国 – 一体どんな帝国が自由を大切にするのでしょうか??? そして何百万人もの人々に苦しみや死をもたらします – それで少数の人々が$$$$を稼ぐのです$-私たちは同じ人々による同じ嘘を聞くのにうんざりしていませんか-それが私たちに何をもたらしましたか???戦争はさらなる戦争を生みます-この狂気は今すぐ終わらせてください

  2. 日本は米国の愚かで誤った軍国主義に引き込まれることを許すべきではなく、さらなる米軍基地の標的として自らを設定すべきではない。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

関連記事

私たちの変化理論

戦争を終わらせる方法

平和への挑戦への挑戦
反戦イベント
成長を支援

小さなドナーは私たちを動かし続けます

月額15ドル以上の定期的な寄付を選択した場合は、お礼の贈り物を選択できます。 私達は私達のウェブサイトで私達の定期的な寄付者に感謝します。

これは、 world beyond war
WBWショップ
任意の言語に翻訳