国連ボリビア パラ ラパス Y コントラ ラス ゲラス セミナリオ

以下英語。

ラパス - ボリビアの首都、22 年 2024 月 XNUMX 日

21 月 XNUMX 日、ラパス ボリビアの現実的なサン アンドレス市長大学 (UMSA)、学部デレチョの聴衆、セミナリオ ケ セ デノミノ「パス y の文化の完全な訪問」ロス・コンフリクトス・アルマドス」。

ラス テミスのエステ イベント、デレチョ センターの主催 World BEYOND War, la actividad inició sobre las 17:00 hora local de La Paz, con la presentación del Director del Investigaciones yConsultoria jurídica de la facultad de derecho Jorge Siles, seguidamente elevento abrió con las palabras de Silvia Mejía coordinadora del capítulo de WBWボリビアのラパスでは、ゲリラ戦の重要な任務を遂行し、ガザでの大量虐殺を阻止し、プエブロ・パレスチノと連帯します。

ダニエル・カールセン、WBW の会議の参加者、パレスチノの政治家、パレスチノの連帯団の教育機関、パレスチナの文化を維持するために必要な教育機関を共有します。 、トマロン・ラ・パラブラ・ロス代表団、ボリビア連合エストゥディアンテス大学委員会、パレスチナ連帯団団。

大学共同体の代表として、サンアンドレス市長デレチョ大学の中央政治局とネヴィア ティコナ事務局の活動を行っています。ボリビアのパレスチナ大使館での出来事の結論として、マフマウンド・エル・アルワニ博士は、イスラエルと対比してプエブロ・パレスチノのシオニスタに向けて、国際共同体での大量虐殺を阻止してください。

最終的な議論は、さまざまな問題を解決するための継続的なデサロランドの開始を目指して、日々の状況に合わせてエスカラミエント、ロスティエンポス、プエブロの連帯を再構築する必要があります。パレスチノ。

ボリビアでの平和と戦争反対のためのセミナー

21月XNUMX日火曜日、ボリビアのラパスにあるサンアンドレス市長大学(UMSA)本部の法学部講堂で、「平和と文化の複雑な道筋」と題したセミナーが開催された。武力紛争。」

このイベントは、Las Themis、Center for Law Studies、および World BEYOND War。この活動は、ラパスで現地時間の午後5時ごろに始まり、法科大学院の法務調査・コンサルティング研究所所長ホルヘ・シレスのプレゼンテーションに続いて、ラパスのWBW支部コーディネーターであるシルビア・メヒアの言葉が続いた。ボリビアは、すべての戦争を終わらせ、ガザでの虐殺を止め、パレスチナ人民との連帯を拡大することの重要性を強調した。

セミナープレゼンテーションの一環として、WBW支部のメンバーであるダニエル・カールセン氏は、学生部門とパレスチナ人民との連帯によって、平和文化を推進する取り組みを強化する必要性を強調した。ボリビア大学生連盟執行委員会とパレスチナとの連帯団体の代表が登壇した。

デ・サンアンドレス大学市長法政学部法学生センターの事務局長であるネビア・ティコナ氏が大学コミュニティを代表して講演した。このイベントは、シオニスト国イスラエルがパレスチナ人民に対して犯した大量虐殺を前に、国際社会に対し身動きとれないよう呼びかけた、駐ボリビア・パレスチナ大使のマフムンド・エル・アルワニ博士の講演で終了した。

最後に、出席者は、最近の戦争激化とパレスチナ人民との連帯強化の必要性が特徴的な世界において、今日私たちが直面しているさまざまな課題について議論するための取り組みを継続的に展開することを提案した。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

関連記事

私たちの変化理論

戦争を終わらせる方法

平和への挑戦への挑戦
反戦イベント
成長を支援

小さなドナーは私たちを動かし続けます

月額15ドル以上の定期的な寄付を選択した場合は、お礼の贈り物を選択できます。 私達は私達のウェブサイトで私達の定期的な寄付者に感謝します。

これは、 world beyond war
WBWショップ
任意の言語に翻訳