問題があれば、それを解決しましょう

Robert C. Koehler著、 World BEYOND War6月19、2024

その言葉は「平凡な軍国主義」です。つまり、暴力と暴力の準備があまりにもありふれているため、ほとんどの人が気付かないということです。平凡な軍国主義はアップルパイと同じくらいアメリカ的です。また、その範囲は世界的です。

As リチャード・ルーベンスタイン 「軍国主義が批判を比較的受けない理由の一つは、アメリカ社会における軍国主義的な制度や考え方の並外れた文化的影響力である。一部のアナリストが『平凡な軍国主義』と呼ぶものは、どこにでも存在し、事実上目に見えないほどで、私たちが呼吸する空気の一部となっている。」

つまり、平凡な軍国主義は、私たちが語る物語、私たちが崇拝するシンボル、私たちが観る映画に表れているのです。私たちが使う比喩にさえも!麻薬との戦い、ガンとの戦い(なんてことだ!)などなど。国はかつて肥満との戦いにまで踏み込んだことがありました(私たちは負けたと思います)。

「この言葉は、私たちの性格や集団的アイデンティティーの一部を構成するものとして半ば無意識的に受け入れられている日常的な思い込み、慣習、儀式、感情の密なネットワークによって、武力の使用が正当化または奨励される方法を指しています」とルーベンスタインは続ける。

これが、私たちが変わらなければならない本質です。私たちは進化の停止点にいると言ってもいいでしょう。平和への道、つまり明日への道は、私たちが目を見開いてありふれた確信から抜け出すだけで、広く開かれ、驚くほどに見えます。私は普段、自国の軍国主義に焦点を当てていますが、厳重に警備された国境が問題の一部であるため、「自由の甘い国」の向こう側に目を向けることも必要です。そのため、フランスで最近起こった、皮肉に満ちた軍備展示会の論争について読んだとき、私は間違いなく目を覚ましました。

それは半年ごとに行われるイベントで、 ユーロは、ニューヨークタイムズ紙が説明したように、2,000か国以上から60人以上の武器商人が参加する、世界最大の武器ショーである。これは、「世界中の軍や安全保障関係者が、ドローン、ミサイル、その他の武器や技術を展示するメーカーと交流する」イベントである。

すごい!世界中がより安全になってきています!

しかし、今年起こったことは、ラファのテントキャンプへのイスラエルの爆撃で数十人のパレスチナ人が死亡したことを受けてフランスのエマニュエル・マクロン大統領が激怒し、1か月前にフランス政府がイスラエルの武器製造業者のユーロサトリへの参加を認めないと宣言したことだ。(注:ウクライナ戦争のためロシアの武器商人も禁止された。)

このことはイスラエル人の怒りを招き、彼らはマクロン大統領の決定に異議を唱え、ほんの数日前、ユーロサトリが始まろうとしていたとき、パリの裁判所は禁止令は差別的であると判断し、解除を命じた。これが論争の本質であり、この兵器ショーは間違いなく世間の注目を集めた ― 少なくとも私にとっては。そこで私はショーについて、そしてショーの焦点が拡大しているといった事柄について読む機会を得た。自殺ドローン」そしてクラスター爆弾などが至る所に存在しています。

そして、イスラエルの武器禁止と復活、そして敵を殺す最新の方法についてのイベントへの「道徳的誠実さ」の侵入という皮肉によって、私は多かれ少なかれ真っ二つに分かれていることに気づいた。これは戦争による利益の誇大宣伝だが、戦争は善良で正義であり、NATO によって承認されたものでなければならない。注: 米国の武器商人は間違いなく歓迎された。

そういえば、私は ウィリアム・ハートゥングは、戦争による利益追求が徐々に常態化していることを振り返る。武器商人は、侮辱的な「死の商人」という言葉から逃れることに成功した。 最近のスピーチ ジョー・バイデン大統領の発言をハートゥング氏は次のように引用している。

「ご存知のとおり、第二次世界大戦の時と同じく、今日、愛国心あふれるアメリカの労働者は民主主義の兵器庫を築き、自由のために尽力しています。」

実際の死の商人、つまり企業兵器メーカーは突然姿を消した。彼らの代わりに、民主主義の兵器庫を構成する弾丸やミサイル、MRAP や自爆ドローン、そしておそらくは核兵器さえも作っている、愛国心あふれる普通のアメリカ人がいた。自由は、十分に武装し、当然のことながら、殺人を覚悟している者だけに存在する。そして大統領の仕事は、このメッセージを国民に売り込むことだ。以前にも述べたように、彼は国の広報担当最高責任者だ。それが彼の主な仕事なのかもしれない。

というわけで、ありきたりの軍国主義。他に選択肢はあるのでしょうか?

神学者 ウォルター・ウィンク、彼の本 ある力は、その疑問を不気味なほど大きな文脈に置き、それを「救済的暴力の神話」、つまり暴力が自由の基礎であるという信念、嘘と呼んでいる。「それは少しも神話的ではないようだ」と彼は書いている。「暴力は単に物事の本質であるように思われる。それが機能するのだ。それは避けられないようで、紛争における最後の手段であり、しばしば最初の手段である。他のすべてが失敗したときに頼るのが神であるならば、暴力は確かに神として機能する。」

凡庸な神は、静かに私たちの意識に忍び込み、私たちが抱えるあらゆる問題と戦う必要があると告げている、とでも言いましょうか。つまり、バン! 邪悪な国家、テロリスト、ドッジシティの酒場で暴れまわる銃撃者、麻薬、犯罪、ガンなど、あらゆる問題を消し去るのです。

21 世紀だけで私たちが一掃した悪のすべてを考えてみてください。そして、そのすべてが何の責任も負っていません。武器商人に聞いてみてください。

ロバート・ケーラーは、受賞歴のあるシカゴを拠点とするジャーナリストであり、全国的なシンジケート作家です。詩とアート作品を録音した彼の新しくリリースされたアルバム、 魂の欠片、ここに提供されています: https://linktr.ee/ボブケーラー

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

関連記事

私たちの変化理論

戦争を終わらせる方法

2024年戦争廃止者賞
反戦イベント
成長を支援

小さなドナーは私たちを動かし続けます

月額15ドル以上の定期的な寄付を選択した場合は、お礼の贈り物を選択できます。 私達は私達のウェブサイトで私達の定期的な寄付者に感謝します。

これは、 world beyond war
WBWショップ
任意の言語に翻訳