「人道に対する罪」:米軍基地のためにディエゴ・ガルシアから追放、住民らは帰還を要求

チャゴス軍事基地の抗議活動参加者

Democracy Now、3 年 2023 月 XNUMX 日

ディエゴ・ガルシア島に軍事基地を建設するために米国が住民を強制退去させてから50年以上、インド洋のチャゴス諸島の亡命住民らは英国と米国に対し賠償金の支払いと住民追放に対する謝罪を求め続けている。 議員や国務省当局者らと会談するため米国を訪問中の著名なチャゴス活動家オリヴィエ・バンクール氏に話を聞く。 米国には「我が国国民に起こったことに対して全責任がある」とバコール氏は言う。 「私たちはバイデン政権に謝罪し、国民に悪いことをしたことを賠償してもらいたい。」 アフリカとインドネシアの中間に位置し、インドから約1,000マイル南に位置するディエゴ・ガルシア軍事基地は、米国のイラクとアフガニスタン侵攻において重要な役割を果たした。 「これは人道に対する犯罪だ」と著者は言う 基本国 デビッド・バイン氏は、米国が軍事基地のために地元住民を強制退去させた事例が20件以上あると付け加えた。 「チャゴス人は一人ではありません。」

成績証明書(トランスクリプト)
これは急いで写したものです。 コピーは最終形式ではない可能性があります。

AMY いい男: 英国と米国に対し、半世紀前にインド洋のチャゴス諸島の住民を追放したことに対する賠償金の支払いと謝罪を求める圧力が高まっている。その目的は、米国が中海に位置するディエゴ・ガルシア島に大規模な軍事基地を建設できるようにするためである。アフリカとインドネシアの間、インドの南約千マイル。 ディエゴ・ガルシア米軍基地は、米国のイラクとアフガニスタン侵攻において重要な役割を果たした。 50年以上にわたり、チャゴス人は祖国への帰還を試みてきたが、その努力は英国と米国の両国によって阻止されてきた。 今年初め、ヒューマン・ライツ・ウォッチは両国政府が人道に対する罪を犯したと非難した。

もうすぐ、米国議員やバイデン政権当局者と会うために米国を訪れている著名なチャゴス活動家も加わることになる。 しかしその前に、ヒューマン・ライツ・ウォッチが制作した次のタイトルのビデオの抜粋を見てみましょう。 アフリカ最後のイギリス植民地: チャゴス人はいかにして祖国を追われたのか.

エリアン バティスト: 1960年代、英国はアフリカの約18カ国とXNUMX地域を統治した。

ロビン マルデモート: アフリカの多くの国々はすでに独立のための戦いを開始するプロセスに従事していました。 モーリシャスはこのプロセスに全面的に関与した。

エリアン バティスト: 英国は 1968 年にモーリシャスに独立を認めましたが、大きな警告がありました。英国は低額の対価でチャゴス諸島を保持するというものでした。

DAVID ぶどうの木: 脱植民地化時代の米国政府当局者は、世界の制御を失うことへの懸念を強めていた。 そこで、米海軍関係者のグループは世界中の小さな島々を特定する計画を立て、ディエゴ・ガルシア島が基地を建設したい最優先の島となった。

エリアン バティスト: ディエゴ ガルシア島はチャゴス諸島の主要な島の XNUMX つで、多くの家族が何世代にもわたって暮らしてきました。

DAVID ぶどうの木: この秘密協定は1960年代初頭に米国と英国政府によって策定され始めたが、そこで米国政府は英国に対し、我々はこの基地が欲しい、そして我々は地元住民なしでそれを望んでいる、と主張した。 イギリス政府は、イギリス政府がアメリカ政府に対して負っている14万ドルの借金を帳消しにする代わりに、チャゴス人を排除するという汚れ仕事を行うことに同意する。

エリアン バティスト: 英国当局者は、チャゴスの定住者を認めれば、彼らが作った新しい植民地について国連に報告しなければならないのではないかと懸念した。

フィリップ SANDS: 1965年にイギリス人がやったことは、人口が存在しないという策略を作り出すために、チャゴス諸島の全人口を定住人口ではなく契約労働者として再特徴づけることだった。

エリアン バティスト: 1968年から1973年にかけて、英国政府はチャゴス諸島からモーリシャス、セーシェルへ約1,500人を強制移住させた。 彼らには選択の余地が与えられなかった。

ILINE LOUIS: [翻訳] 母が持って行ったのは、私たちの服を入れる小さなチェストとマットレスだけでした。 それだけです。 それ以外はすべて、私たちはそこを去りました。

ローズモン ベルティン: [翻訳] 彼らはすべての犬を部屋に入れ、死ぬまでガスを吹き込みました。

AMY いい男: ヒューマン・ライツ・ウォッチによる次のタイトルのビデオからの抜粋 アフリカ最後のイギリス植民地: チャゴス人はいかにして祖国を追われたのか。 このクリップに登場した声の XNUMX つは、ワシントン D.C. にあるアメリカン大学の教授であり、『 恥の島: ディエゴ・ガルシアにおける米軍の秘密の歴史。 バイン教授は次の本の著者でもあります。 ベースネーション:アメリカの軍事基地がアメリカと世界をどのように害するか。 彼は現在、ほとんどの亡命チャゴス人を代表する組織であるチャゴス難民グループの会長であるオリヴィエ・バンクールとともにニューヨークから私たちに参加しています。 彼の最近の 記事 openDemocracy のタイトルは「米国と英国が私たちの家を盗んだ。 50年経った今でも、私たちは正義を拒否され続けています。」

お二人とも大歓迎です 今、民主主義! まずはオリヴィエ・バンクールから始めましょう。 ご一緒していただき本当にありがとうございました。 なぜあなたがここ米国にいるのか、そして実際、半世紀前にあなた自身の家族に何が起こったのか、そしてあなたが今もその是正を要求していること、そして亡命生活を送っているチャゴス人全員についても説明してください。

OLIVIER バンコール: まず初めに、おはようございます、エイミー。 まず最初に、国民を代表して話す機会を与えていただきありがとうございます。

私たちがここ米国に来た理由は、バイデン政権から真相を聞き出し、チャゴス族の人々にどんな悪事が行われたかを謝罪するためです。 米国政府は、故郷を追われたチャゴス人の人権に関する政策を変える必要があると思います。 私たちは、国際人権が長年にわたり追放されてきたアメリカ国民に私たちの立場を理解してもらい、正義が行われることを望んでいます。 私たちは、米国が自国民に起こったことに対して完全な責任を負うことを望んでいます。 基地のせいで悪夢のような話が続いています。 そして、私たちは彼らに、彼らが行ったすべての過ちを認識し、終わらせ、謝罪してもらいたいと考えています。そして、補償金などの補償を私たちの人々に行い、チャゴス島のチャゴス人への再定住を支援することから始めました。

私の話です。私自身、チャゴス諸島の島の 1968 つであるペロス バニョスで生まれ、XNUMX 年に追放されました。その理由は何ですか? なぜなら、私たち家族は、リヤカーで怪我をした妹の治療を受けるためにモーリシャスに来なければならないからです。 しかし、残念ながらそのXNUMXか月後、妹は亡くなりました。 そして、母と父が帰国することを決めたとき、私たちは将来の帰還のためにすべての持ち物をそこに置いてきたので、戻ってほしいと頼んだとき、この島はアメリカに与えられているため、私たちには不可能であることを知りました。 そして、私たちが生まれた場所ではなく、生まれた場所から離れて苦しんでいるのは間違いであり、これが私が状況をもっと認識し、私たちの人々に責任を負わせたい理由のXNUMXつです。

JUAN ゴンザレス: オリヴィエ・バンクール、米国の指導者の中でワシントンで誰と会ったことがありますか? そして議会であなたの要求が支持されていると感じますか?

OLIVIER バンコール: はい、もちろん、私たちは多くの人々、特に国会議員と会うことができたことを非常に期待しています。 また、私たちは国務省の役人とも会いました。彼らによると、チャゴス人から私たちの要求を聞くのは初めてだそうです。 最も重要なことは、私たちの基本的権利と国民としての尊厳に関するものです。 世界人権宣言によれば、私たちが民族であれば、どこにいても、ある場所で生まれたのであれば、その場所に住む権利があります。 そして私たちは、私たちがそう宣言されているのに、他の人が私たちの場所に住むことができることを受け入れることはできません。 ペルソナノングラータ。 これは主要な機会であり、私たちの状況を説明し、米国政府に私たちのチャゴス党に対する責任を負わせるための書簡、決議、さらには公聴会のようなものをどのように提出するかを見つけるために、議員の支援を得たいと考えています。人々。

JUAN ゴンザレス: チャゴス諸島の住民の歴史、60年代には契約労働者しかいなかったという米国と英国の主張に反論する長期の歴史について話してもらえますか?

OLIVIER バンコール: 英国と米国の両政府は嘘をついています。なぜなら、米軍基地が設置される前にはそこに永住者はいなかったと彼らは皆言っているからです。 人々はXNUMX世代以上生きていたので、それはまったくの真実ではありません。 私自身の例を挙げます。 私はそこに生まれました。 私の父、母、祖父と祖母、そして曾祖母さえもそこで生まれました。 そして、私たちは契約社員ではありませんでした。 私たちは永住者でした。

そして、私たちは平和と調和の中で暮らしていたので、私たちの人生はとても素晴らしいものでした。 私たちには私たちの文化があります。 私たちには私たちの家があります。 私たちには仕事があります。 そして、仕事が終わった後はよく釣りに行きました。 そして私たちは皆、一つの家族として暮らしています。 突然、彼らはディエゴ ガルシアを選択することを決めました。なぜなら、そこは非常に戦略的なポイントの場所であり、非常に良い立地にあるからです。 彼らはディエゴ・ガルシアに米軍基地を建設することを決定しましたが、平和と調和の中で暮らしていた我が国民の基本的権利を忘れています。

AMY いい男: 他のチャゴス人の声のクリップをいくつか再生したいと考えています。 これはヒューマン・ライツ・ウォッチに祖国から強制的に追放される前のチャゴスでの生活について語るイリーヌ・ルイさんです。

ILINE LOUIS: [翻訳] 人々にとってチャゴスでの生活は、一つの家族として暮らすようなものでした。 すべてを私たちは共有します。 作った料理もシェアします。 問題があれば、いつでも助けてくれる人がいます。

AMY いい男: これはエリアン・バティストが家族の物語を話しているところです。

エリアン バティスト: 私は15歳のときに英国に移住しましたが、両親はモーリシャスに残りました。 1960年代、イギリスとアメリカの政府が米軍基地用のスペースを作ろうとしたため、私の母を含む何百人ものチャゴス人がチャゴス諸島から強制退去させられたり、帰還を許されなかったりしました。 この英米協定は島に住む人々だけでなく将来の世代にも悪影響を及ぼし、多くの家族が分裂する原因となった。

イギリスはチャゴス人とその第一世代にイギリス市民権を与え、それによって私の姉妹や私のような人々がイギリスに移住することができました。しかし、第一世代の年齢や年齢などの制限があったため、誰もがイギリスに移住する機会があったわけではありませんでした。配偶者ビザのこと。 私の母の兄弟はチャゴス諸島で生まれていないので、彼らと私のいとこにはイギリス市民権を取得する資格がありません。 もしチャゴス人が強制送還されず、私の家族、祖父母、母が島に戻ることを許されていたら、このようなことは何も起こらなかったのではないかと考えてしまいます。

AMY いい男: それはエリアン・バティストです。 これらの声、デイヴィッド・ヴァイン教授、失われたものの痛みを聞くなら、まず第一に、つまり最初から説明してください――多くの人がこれを人道に対する罪だと呼んでいます――米国と英国が進出し、米国がこの軍隊を建設していることを説明してください軍事基地を建設するだけでなく、そこにチャゴス人は住めないと主張した。

DAVID ぶどうの木: おはようございます、エイミーとフアン。

実際、これは人道に対する犯罪であり、根本的に人道に対する人種差別的な犯罪であり、ディエゴ・ガルシアに基地を建設してチャゴス人を排除するという考えに乗った米国政府当局者が最初から首謀したものである。 そして彼らは、基本的にチャゴス人を排除するという汚い仕事をするために、秘密裏に英国政府に14万ドルを支払い続け、1960年代後半から1970年代前半にかけて数年かけて追放を画策し始めた。

そして最初からアメリカ政府が権力を持っていた。 彼らはチャゴス人を追放する力を持っていた。 そして今、バイデン政権は最終的にこれを正す力を持っている。 これは非道な行為であり、人道に対する犯罪であり、正すべきであり、決してあってはならないことであり、前の政権によって何年も前に正されるべきであった。 しかし、バイデン政権がサウジアラビア、中国など他国の政府とその人権記録を正当に批判している現在、バイデン政権には世界に示す能力がある。米国の政策を変更し、最終的にチャゴス人に帰国を許可し、補償を提供し、祖先の地、祖国、彼らから奪われた土地への再定住を支援することによって、チャゴス人に正義を与える。

JUAN ゴンザレス: そして、ヴァイン教授、残念なことに、チャゴス人に起こったことの例は特別なものではありません。 米国が保有するこれらの巨大な基地、世界中のシステム、沖縄、ビエケス島、ハワイ、もちろんスービック湾やグアムの時代のフィリピンなどの場所について少し話していただけますか。そこでは軍が基本的に乱暴に運営されています。地元の人口を超えて?

DAVID ぶどうの木: それは事実であり、世界中で米軍基地の創設や拡張の一環として、米軍が地元住民、多くはチャゴス人のような先住民族を強制退去させた事例が20件以上ある。 それは 19 世紀末からのことです。 もちろん、18 世紀から 19 世紀にかけて、特にアメリカ軍は、大陸の植民地化と征服の一環として、北米大陸全土で何百万ものアメリカ先住民を強制移住させました。 チャゴス人は一人ではありません。

しかし、悲しいことを物語る別のケースがあります。 1946年、米海軍が占領した小笠原諸島(現在は日本の一部である小さな島々)で、米海軍は実際に地元住民、主に米国系白人の現地住民が故郷に戻って共に暮らすのを支援した。当時米海軍基地だった場所の側にあります。 彼らは学校の設立を支援しました。 彼らは地方自治体の設立を支援しました。 彼らは地元経済の立ち上げを支援しました。 もしアメリカ海軍が、アメリカ軍が、アメリカ政府が、1946年にアメリカの血を引く大多数の白人が祖国、故郷に戻るのを助けることができるのなら、間違いなくアメリカ軍、バイデン政権はチャゴス人に対して同じことをできるだろう。 、主にアフリカとインドの祖先を持つ人々は、今日、自分たちの故郷、祖国、祖先の土地に戻ります。

AMY いい男: ちょっと時間がありますが、オリヴィエ・バンクール、ここ米国だけでなく世界中の人々にメッセージをお願いします。

OLIVIER バンコール: 国民を代表しての私のメッセージは、その方法を見つけ出すことです。 私たちはすべての人間として、平和と調和の中で生きられることを望んでいます。 先ほども言いましたが、これは明らかであり、国際的な世界人権宣言にも記載されており、誰もが自分の出身地に住む権利を持っています。 私たちは自分たちの権利が認められることを望んでいます。 私たちは、お墓に入ることができなかったチャゴスに埋葬されているすべての両親に敬意を表したいと考えています。

一つだけ例を挙げてみましょう。 私たちチャゴス人は、チャゴスに埋葬された両親に敬意を表するためにチャゴスに行くことを許されていません。一方、ディエゴ・ガルシアのキャノン・ポイントには、よく管理された軍用犬の墓地があります。 それについてはどう考えますか?

世界への私のメッセージは、私たちが求めるものは少なくても多くてもありません。 私たちは私たちの権利について尋ねています。 そして私たちはバイデン政権が国民に対して間違ったことを謝罪し、賠償することを望んでいます。 そしてこれが私たちのメッセージです。 そして、私たちはもっと意識を持ち、私たちの行動に少しでも支援していただけるよう人々にお願いしたいと思っています。

AMY いい男: チャゴス難民グループ会長のオリヴィエ・バンクール氏、そしてアメリカン大学教授で『 恥の島: ディエゴ・ガルシアにおける米軍の秘密の歴史.

これは 今、民主主義! 戻ってきたらニューメキシコに行きますが、そこではトランプ支持者が帽子をかぶっています。 MAGA 帽子は、16世紀のスペインの征服者を称える像の再設置に対する先住民主導の抗議活動に発砲した。 先住民の気候変動活動家XNUMX人が銃撃され、緊急手術のため空輸される必要があった。 私たちは、銃を振りかざしたが発砲も殺害もしなかった先住民活動家の一人に話を聞きます。 私たちと居て。

[壊す]

AMY いい男: チャゴス難民グループの創設者の一人であるチャゴス人のミュージシャン、チャールシア・アレクシスによる音楽。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

関連記事

私たちの変化理論

戦争を終わらせる方法

平和への挑戦への挑戦
反戦イベント
成長を支援

小さなドナーは私たちを動かし続けます

月額15ドル以上の定期的な寄付を選択した場合は、お礼の贈り物を選択できます。 私達は私達のウェブサイトで私達の定期的な寄付者に感謝します。

これは、 world beyond war
WBWショップ
任意の言語に翻訳