ワシントン DC で学んだこと

ジョン・ルーワー World BEYOND War5月17、2024

ワシントン DC の近くに住むと、米国政府とその仕組みについて学ぶ機会が無数にあります。残念ながら、その多くは、私が信じて育った自由と民主主義の砦ではありません。

私にとって最も印象に残っているのは、実際の代表者と話をするのがいかに難しいかということです。そのため、一般の人々はフロントオフィスのスタッフや、もししつこく言うなら上級レベルのスタッフと話すことがよくあります。一方、私たちは、寄付金のあるプロのロビイストがすぐにアクセスできることを知っています(ここを参照してください あなたの代理人がアメリカイスラエル政務委員会からどれだけの収入を得ているか)、これは国会議事堂に掲げられているイスラエル(外国政府)の国旗の数を説明しています。それは確かに、パレスチナで起こり得る大量虐殺に対する異様な支持と、世界中で増大する憎しみとアメリカの利益に対する攻撃に対する懸念の欠如を説明するに違いない。

ほぼすべての外交政策法案に戦争への渇望が見られると落胆する人もいるかもしれませんが、私を元気づけてくれるのは、新しいことを学び、平和のために常に努力しているヒーローやヒロインに会うことです。

上の写真は、空軍士アーロン・ブシュネルがパレスチナ人の窮状に注目を集めるために命を捧げて以来、イスラエル大使館周辺の占領地「キブツ」の装飾を手伝っているアーティストである。大使館職員は、このようなメッセージが行き来したり、仕事中に窓の外を見たりしているのを聞いたり見たりする機会があります。

そして、国会議員の事務所で私が見つけたものは次のとおりです。

 

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

関連記事

私たちの変化理論

戦争を終わらせる方法

平和への挑戦への挑戦
反戦イベント
成長を支援

小さなドナーは私たちを動かし続けます

月額15ドル以上の定期的な寄付を選択した場合は、お礼の贈り物を選択できます。 私達は私達のウェブサイトで私達の定期的な寄付者に感謝します。

これは、 world beyond war
WBWショップ
任意の言語に翻訳