カナダが核禁止条約に署名するのを妨げている神話の爆発

ルイーズ・ロワイエ、シム・ゴメリー、サリー・リビングストンがメラニー・ジョリーのオフィスの外で私たちの手紙を持ってポーズをとっている
ルイーズ・ロワイエ、シム・ゴメリー、サリー・リビングストンがメラニー・ジョリーのオフィスの外で私たちの手紙を持ってポーズをとっている

Cym Gomery著、 World BEYOND War11月10、2022

(以下フランス語版)

モントリオールの活動家がメラニー・ジョリー外相に手紙を手渡す

UNAC 平和行動週間について、モントリオールは World BEYOND War 配達することを選んだ a への手紙  カナダの外務大臣、 カナダが核兵器禁止条約(TPNW)に参加することを確認するよう彼女に促した. 2021 年に核兵器を違法としたこの条約には、91 の署名国 (つまり、条約に署名した国) と 68 の締約国 (条約に署名および批准した国) が含まれています。 カナダは、XNUMX つの核武装国の XNUMX つではありませんが、まだ TPNW に署名していません。  

なぜだめですか? 私たちは疑問に思いました。 それは、核兵器に関するある種の誤解が原因である可能性があると考えています。 私たちの手紙では、私たちは訂正しようとしましたそれらの誤解を取り除いてください:

      1。 核兵器が私たちを安全にするわけではありません。 それらは、地球上のすべての生命に対する絶え間ない、陰湿な実存的脅威です。 

  1. NATO のメンバーであることは、条約への参加を妨げるものではありません。 カナダは TPNW に署名し、NATO のメンバーであり続けることができます (ただし、なぜそうしたいのかはわかりません)。 
  2. フェミニスト政府は核兵器を支持できない。 TPNW は、核兵器の使用または実験が女性と少女に不均衡に害を及ぼすため、フェミニスト条約です。 
  3. 核拡散防止条約(NPT)は人類を十分に保護していません。 TPNW は、核保有国に既存の核兵器の廃棄を実際に義務付ける唯一の条約です。 

カナダでは、TPNW への支持が強く、拡大しています。 ほとんどのカナダ人は TPNW への署名を望んでおり、元首相、現在の国会議員、上院議員の支持も得ています。 カナダ人の 74% が TPNW に署名したいと考えていることを考慮してください。現在のXNUMX倍の支持率 統治者楽しんでいます。

このメッセージを胸に、21月XNUMX日にst、私たちはメラニー・ジョリーのオフィスに行進し、ジョリーの選挙区アシスタントであるシリル・ナワールの手に手紙を届けました. Nawar はこの手紙を丁重に受け取り、私たちの手紙の電子メール バージョンが Joly の受信トレイにあることを確認しました。 彼はそれを彼女に知らせると約束した。 また、XNUMX 人のメンバーに手紙を電子メールで送信しました。 外務・国際貿易常任委員会

手紙 w16 の平和団体と 65 人の個人によって署名されました。  

私たちは、カナダが世界の平和のための力になる時が来たと考えています. これは、私たちの価値観をまっすぐにすることを意味します。 現在、カナダ政府の行動と政策は、金と権力が際立つ価値観を物語っています。 しかし、お金は単なる社会的慣習であり、権力への愛は人間の進化の失敗の悲しくも残念な例です. 私たちは、カナダが自然界と生き物を大切にし、維持する価値観に移行することを望みます。これは、TPNW への署名を意味します。

 

Démystifier les mythes qui empêchent le Canada de signer le traité d'interdiction nucléaire 

Des militants montréalais remettent en main propre une lettre à la ministre des Affaires étrangères Mélanie Joly.

Dans le cadre de la semaine d'action pour la paix de l'UNAC, Montréal pour un monde sans guerre a choisi de remettre une lettre à la ministre des Affaires étrangères du Canada, l'exhortant à faire en sorte que le Canada adhère au Traité d'interdiction des armes nucléaires (TIAN)。 Ce traité, qui a rendu les armes nucléaires illégales en 2021, compte 91 signataires (c'est-à-dire les pays qui ont signé le traité) et 68 États パーティー (les pays qui ont à la fois signé et ratifié le traité) . Le Canada, bien que ne faisant pas partie des huit Nations dotées de l'arme nucléaire, n'a pas encore signé le TIAN.

Pourquoi n'a-t-il pas signé ? Nous nous sommes posé la question. Nous pensons que cela pourrait être dû à certaines idées fausses sur les armes nucléaires. 

Dans notre lettre, nous avons cherché à corriger ces idées fausses : 

  1. Les armes nucléaires ne nous rendent pas plus sûrs ; elles構成員は、存在する脅威であり、常に存在し、内に秘めています。 
  2. Le fait d'être membre de l'OTAN n'empêche pas d'adhérer au traité. Le Canada pourrait signer le TIAN et rester membre de l'OTAN (bien que nous ne sachions pas pourquoi il le voudrait)。 
  3. Un gouvernement féministe ne peut pas soutenir l'armement nucléaire. Le TIAN est un traité féministe parce que l'utilisation ou l'essai d'armes nucléaires nuit de façon disproportionnée aux femmes et aux filles. 
  4. Le traité de non-proliferation nucléaire (TNP) ne protège pas suffisamment l'humanité. Le TIAN est le seul traité qui obligerait réellement les Nations dotées d'armes nucléaires à démanteler leurs arsenaux nucléaires existants. 

Au Canada, le soutien au TIAN est fort et croissant. La plupart des Canadiens veulent signer le TIAN, qui a également le soutien d'anciens premiers ministres, de deputés et de sénateurs actuels. Il faut savoir que 74% des Canadiens veulent signer le TIAN, ce qui représente plus du double du soutien dont bénéficie le gouvernement  現在の.  

Avec ce message en tête, le 21 octobre, nous avons marché jusqu'au bureau de Mélanie Joly et remis la lettre entre les mains de l'assistant de circonscription de Joly, Cyril Nawar, qui a gracieusement accepté la lettre et a confirmé que la version électronique de notre lettre se trouvait dans la boîte de réception de Joly. Il a promis de la porter à son 注目。 Nous avons également envoyé notre lettre par courriel aux douze membres du Comité permerment des Affairses étrangères et du commerce international. 

À souligner que la lettre a été signée par 16 の組織 pacifistes et 65 particuliers.  

Nous pensons qu'il est grand temps que le Canada soit une force de paix dans le monde. Cela signifie que nous devons mettre de l'ordre dans nos valeurs. Actuellement、les actions et les politiques du gouvernement canadien témoignent d'un système de valeurs dans lequel l'argent et le pouvoir sont préminents. Cependant, l'argent n'est qu'une Convention sociale, et l'amour du pouvoir est un triste exemple de l'incapacité humanine à évoluer. Nous aimerions voir le Canada évoluer vers un système de valeurs qui chérit et soutient le monde naturel et les êtres vivants, ce qui implique de signer la TIAN.

ルイーズ・ロワイエ、マヤ・ガーフィンケル、サリー・リビングストンがメラニー・ジョリーのデヴァント・ル・ビュロー・ド・ビューローを務める。
ルイーズ・ロワイエ、マヤ・ガーフィンケル、サリー・リビングストンがメラニー・ジョリーのデヴァント・ル・ビュロー・ド・ビューローを務める。

 

私たちの行動は、で報告されました モントリオール カトリック教会のニュース: メラニー・ジョリー外相:カナダは核禁止条約に署名しなければならない

Notre action a été publiée dans le Bulletin de l'église Catholique à Montréal : La ministre des Affaires étrangères Mélanie Joly : Le Canada doit signer le traité d'interdiction nucléaire

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

任意の言語に翻訳