ECOWAS-ニジェール紛争:地域紛争の中での世界的な力関係に関する歴史からの教訓

研究・計画・コミュニケーション作業部会事務局長、アモス・オルワトエ氏 World BEYOND War – ナイジェリア、10 年 2023 月 XNUMX 日

26 年 2023 月 XNUMX 日、ニジェールは大規模な災害を経験しました。 クーデター 色々な事の集大成でした 課題 極度の貧困や悪政など、この国が直面している問題。 最近のクーデターをきっかけに、複雑なネットワークから発生した 内的および外的要因、私たちは歴史の教訓を深く理解することが求められるこの重要な時期にいます。 世界的な権力政治の力学、特に紛争がはびこる地域では、一貫して事態の推移が形作られてきました。 ニジェールの現在の状況は、世界的な大国がどのように地域紛争に影響を及ぼし、それを利用し、しばしば地元住民に不利益をもたらす可能性があるかを痛切に思い出させるものとなっている。 のような歴史的なエピソードから類似点を引き出す アフリカへのスクランブル そして、対外的な利益が紛争を悪化させた冷戦時代、私たちは過去からの警告に注意を払わなければなりません。

歴史から学ぶ

歴史の研究は地政学的な教訓として不可欠です。 それは、地元の紛争と国際軍がどのように相互作用するかについての重要な情報を私たちに与えてくれます。 ニジェールにおける現在のシナリオは、による侵略につながる可能性がある。 西アフリカ諸国の経済共同体 (ECOWAS) は、歴史を通じて偉大な国々が参加してきた繊細なダンスを鮮明に思い出させます。 歴史を通じて、地域紛争は世界大国によって自らの目標を推進するために利用され、しばしば地元社会を犠牲にしてきました。

同様の歴史的傾向は、19 世紀後半から 20 世紀初頭にも見られるかもしれません。 アフリカへのスクランブル。 帝国の願望と資源の必要性に動機づけられ、ヨーロッパの植民地大国は、獲得した領土の文化的、民族的、政治的力学をほとんど考慮せずにアフリカ大陸を分割しました。 その影響は悲惨なものでした。先住民は、資源採掘と地政学的支配を目的として、暴力、搾取、服従にさらされました。

今日のニジェールでは、この歴史的パターンの痕跡がまだ見られるかもしれません。 石油やウラン埋蔵量を含むこの領土の膨大な天然資源は、この地域への外国の関心を集めています。 ECOWASの行動が地域の安定に対する懸念によって動かされているように見えるとしても、資源開発が外部関係者による決定に影響を与える可能性を軽視してはならない。

冷戦時代も興味深い事例です。 世界的な権力争い 現時点では、世界中で地域紛争を定期的に煽り、悪化させていました。 代理戦争、イデオロギー論争、資源の追求は、多くの国で慢性的な苦しみと不安定をもたらしました。 アフリカで発生した多くの紛争では、競合するグループが世界大国によって支援され、地元住民の苦しみが増大しました。

ベトナム戦争 (1955 年から 1975 年) は、両国間の対立に大きな影響を与えました。 米国とソ連 冷戦中。 彼らは、交戦の結果として状況を著しく悪化させることで、代理戦争の概念を体現した。 ソ連は北ベトナムでの戦争努力に大規模な軍事的および経済的支援を提供したが、米国は北ベトナムに数万人の兵士を提供することで関与を強化した。 南ベトナム。 最大2,000,000万人の民間人、58,000万1,100,000千人の米軍関係者、そしてXNUMX万人の北ベトナム軍とベトコン軍がその驚異的な数に含まれていた。 死傷者。 この紛争は、冷戦時代に超大国の対立の結果として生じた壊滅的な地政学的および人的コストの明らかな例となった。

この歴史的な力関係の影響は、今日でもニジェールとより広いサヘル地域で見ることができます。 ロシアと米国の両国は、世界のこの重要な地域で自国の社会的、経済的、政治的利益を守ろうとしているが、この状況はまた、ニジェールを紛争の舞台に変える可能性のある、この地域におけるロシアの影響力の拡大に関する疑問を引き起こしている。 。

影響力と儲かる資源へのアクセスを求めて競争する世界大国とその地政学的利益は、地域戦争への影響を増大させている。 こうした対立が激化し、複数の政党を巻き込む可能性があるため懸念されている。

学んだ教訓がニジェールの現状に対する私たちの対応にどのように役立つのか 

私たちは、地域紛争への超大国の関与が、紛争を悪化させて利己的な目的のために状況を利用するのではなく、安定を促進し、地元住民のニーズを満たすことを確実にするために、超大国が何をしようとしているのかに常に目を光らせ、警戒する必要があります。 外国人によるアフリカの富の略奪を防ぐために、資源管理は透明性と責任を持って行われる必要がある。 軍事行動が外交や非暴力による紛争解決よりも優先されるべきではありません。 公平かつ国際的な調停努力が必要である。

国連およびその他の国際機関の指導の下、国際社会は地域の危機を地政学的目的に利用することを禁止するために協力すべきである。 弱い立場にある人々の負担を軽減するために、紛争予防、平和構築、人道支援のための効果的なプロセスを整備する必要があります。

世界的な市民社会組織は意識を高め、非暴力手段による紛争回避に焦点を当てて西アフリカの地域紛争を激化させようとする試みに反対すべきである。 この積極的な関与は、問題に対する世界的な認識の向上に貢献し、ニジェールや他のアフリカ諸国の紛争解決に対する先進的な人々の関心を刺激するでしょう。 これにより、戦争の性質とその潜在的な結果についての理解が深まり、最終的には地域紛争における国際勢力の意図に反対する国内の支持が促進されることになるでしょう。

要約

歴史は、世界大国が自らの目的を推進するために地域戦争を利用する場合に起こり得る影響についての厳粛な警告として機能します。 ECOWAS-ニジェール紛争の複雑な状況を交渉する際には、過去の教訓に導かれる必要があります。 国際的な参加がニジェールと西アフリカ広域地域の人々の平和、安全、繁栄を促進することを保証することで、私たちは搾取のサイクルを終わらせるチャンスを得ることができます。 世界の超大国は、搾取ではなく倫理的な関与のためにこのチャンスを掴まなければなりません。

 

2応答

  1. アモスさん、洞察力に富んだ記事をありがとう。 「搾取ではなく倫理的関与」というあなたの呼びかけは、時代遅れの植民地大国が誤って認識された短期的な利益を得ようとして有害な試みとして時代遅れの武力の使用を増やす中、世界中で反響しているスローガンです。

    私はあなたの観察を読むことを励まされ、あなたが書いた推奨事項を裏付けるあなたの行動を読むことを楽しみにしています。

    連帯してください。

    ティムプルタ
    World BEYOND War Spain
    退役軍人世界平和ネットワーク

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

関連記事

私たちの変化理論

戦争を終わらせる方法

2024 WBW 映画祭
反戦イベント
成長を支援

小さなドナーは私たちを動かし続けます

月額15ドル以上の定期的な寄付を選択した場合は、お礼の贈り物を選択できます。 私達は私達のウェブサイトで私達の定期的な寄付者に感謝します。

これは、 world beyond war
WBWショップ
任意の言語に翻訳