ウクライナと世界のための平和アジェンダ

ウクライナ平和主義運動、21 年 2022 月 XNUMX 日

で採択されたウクライナ平和主義運動の声明 21 年 2022 月 XNUMX 日の国際平和デーの会議.

私たちウクライナの平和主義者は、平和的な手段で戦争を終わらせ、良心的兵役拒否に対する人権を守ることを要求し、努力します。

戦争ではなく、平和が人間の生活の規範です。 戦争は組織的な大量殺人です。 私たちの神聖な義務は、殺してはならないということです。 今日、道徳的な羅針盤があらゆる場所で失われ、戦争や軍事に対する自己破壊的な支持が高まっている今日、私たちが常識を維持し、非暴力の生き方に忠実であり続け、平和を構築し、平和を愛する人々を支援します。

国連総会は、ウクライナに対するロシアの侵略を非難し、ロシアとウクライナの間の紛争の即時の平和的解決を求め、紛争当事者は人権と国際人道法を尊重しなければならないことを強調した。 私たちはこの立場を共有しています。

絶対的な勝利を収めるまでの現在の戦争政策と、人権擁護者への批判に対する軽視は容認できず、変更しなければなりません。 必要なのは、停戦、和平交渉、そして紛争の両側で犯された悲劇的な過ちを正すための真剣な取り組みです。 戦争の長期化は壊滅的で致命的な結果をもたらし、ウクライナだけでなく世界中の社会と環境の福祉を破壊し続けています。 遅かれ早かれ、締約国は交渉のテーブルに着きますが、合理的な決定が下された後ではなく、耐え難い苦痛と弱体化の圧力の下で、外交の道を選択することによって回避することが最善です.

戦っている軍隊の側につくのは間違っています。平和と正義の側に立つ必要があります。 自衛は、非暴力的かつ非武装の方法で行うことができ、また行うべきです。 残忍な政府は非合法であり、領土の完全な支配または征服という幻想的な目標のために、人々の抑圧と流血を正当化するものは何もありません。 他人の不正行為の犠牲者であると主張することによって、自分の不正行為に対する責任を回避することはできません。 いずれかの当事者の間違った、さらには犯罪行為でさえ、交渉が不可能であり、自己破壊を含むいかなる犠牲を払っても破壊されなければならない敵についての神話の作成を正当化することはできません. 平和への欲求はすべての人の自然な必要性であり、その表現は神話上の敵との誤った関係を正当化することはできません.

ウクライナにおける良心的兵役拒否に対する人権は、平時においても国際基準に従って保証されておらず、戒厳令の現在の状況は言うまでもありません。 国は何十年にもわたって恥ずべきことを避けてきましたが、現在、国連人権委員会の関連する提案と一般市民の抗議に対する真剣な対応を避け続けています. 市民的および政治的権利に関する国際規約が述べているように、国は戦争やその他の緊急事態の時でさえこの権利を否定することはできませんが、ウクライナの軍隊は兵役に対する良心的拒否に対する普遍的に認められた権利を尊重することを拒否し、代替することさえ拒否しています.ウクライナ憲法の直接の規定に従って、代替の非軍事サービスを伴う動員による強制的な兵役。 このようなスキャンダラスな人権の軽視は、法の支配下にあってはなりません。

国家と社会は、ウクライナ軍の専制政治と法的ニヒリズムに終止符を打たなければならない危険から救出する、教育を受ける、生活手段を見つける、専門的かつ創造的な自己実現などの重要な必要性がある場合でも、国内を自由に移動したり海外に行ったりすることはできません。

世界の政府と市民社会は、戦争の惨劇の前には無力に見え、ウクライナとロシアの間の紛争と、NATO 加盟国、ロシア、中国の間のより広範な敵意の漏斗に引き込まれました。 核兵器による地球上のすべての生命の破壊の脅威でさえ、狂った軍拡競争に終止符を打つことはできず、地球上の平和の主要機関である国連の予算はわずか3億ドルであり、世界の軍事費はは数百倍の大きさで、2 兆ドルという驚異的な金額を超えています。 国民国家は、大規模な流血を組織し、人々に殺害を強要する傾向があるため、非暴力の民主的統治と、人々の生命と自由を保護するという基本的な機能の遂行ができないことが証明されています.

私たちの見解では、ウクライナと世界における武力紛争の激化は、既存の経済、政治、法制度、教育、文化、市民社会、マスメディア、著名人、指導者、科学者、専門家、専門家、親、教師、医療従事者、思想家、創造的および宗教的な活動家は、国連によって採択された平和の文化に関する宣言および行動計画が想定するように、非暴力的な生活様式の規範と価値観を強化する義務を十分に果たしていません。国連総会。 平和構築の義務が無視されていることの証拠は、終わらせなければならない古風で危険な慣行である: 軍の愛国的な育成、義務的な兵役、体系的な公の平和教育の欠如、マスメディアにおける戦争のプロパガンダ、NGO による戦争の支援、戦争への消極的姿勢。一部の人権擁護者は、平和に対する人権の完全な実現と良心的兵役拒否を一貫して提唱する必要があります。 我々は、平和構築の義務を利害関係者に思い出させ、これらの義務の遵守を断固として主張する。

私たちは、私たちの平和運動と世界のすべての平和運動の目標として、殺害を拒否する人権を擁護し、ウクライナでの戦争と世界のすべての戦争を停止し、持続可能な平和と開発をすべての人々に保証することを見ています。星。 これらの目標を達成するために、私たちは戦争の悪と欺瞞について真実を語り、暴力のない、または暴力を最小限に抑えた平和な生活について実践的な知識を学び、教えます。軍隊または戦争への参加を支援します。

戦争は人道に対する罪であり、いかなる種類の戦争も支持せず、戦争のすべての原因の除去に努める決意です。

1つの応答

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

任意の言語に翻訳