イスラエルとハマスの殺害に反対することはすべての戦争のモデルとなる

David Swanson著、 World BEYOND War6月18、2024

もちろん、世界中、そして米国では何百万人もの人々がイスラエルやハマスの戦争行為を支持している。その戦争行為は(戦争行為という話題自体が多くの人の精神を鈍らせるので、当然のことを指摘しなければならないが)、規模も種類も大きく異なる。現時点では、私はそうした戦争支持者の誰にも手紙を書いていない。

私が興味を持っているのは、ここ数か月間、非常に多くの人々にとって、イスラエルの進行中の大量虐殺に反対し、ハマスによる大量殺戮事件に反対することが、必要な適切な政治であったということだ。

現時点では、集団レイプ疑惑とそれがいかに虚偽であるかという話題には触れたくない。過去 1 世紀にわたる戦争論評がレイプ、拷問、殺人以外のあらゆる行為に執着してきたことは、殺人をいかにして正常化しているかという点で興味深いと思う。しかし、イスラエルとハマスの双方が人を殺したことには異論はなく、双方による殺人に反対すべきであることにも多くの人にとって異論はない。

この状況の異常さが理解されているかどうかはわかりません。理由の 1 つは、一部の人々の誠意の欠如です。おそらく、一方の殺害に実際に激怒し、戦略的にもう一方の義務的な非難を加えているのでしょう。しかし、なぜ義務的なのでしょうか。多くの人がそれを誠意をもって意味しているように見えるのはなぜでしょうか。そして、他のほとんどの戦争では考えられなかったことを、彼らはどうやってやり遂げたのでしょうか。

ウクライナでの両軍とすべての殺害に反対しても、誰もあなたの言っている意味を理解しない。ほとんどの人は、あなたが単に彼らが支持しない側を支持しているだけだと考える。また、かわいそうなウクライナ人やかわいそうなロシア人が戦争以外に何ができるのか説明を求める人もいる。交渉、外交、非武装の民間人の防衛、命を奪う可能性のある軍拡競争の逆転などについて彼らと話すことはできるが、それは困難な闘いである。

イラク戦争やアフガニスタン戦争、ベトナム戦争など、数え切れないほど多くの戦争において、米国側の戦争行為を非難する人々に、米国以外の側の戦争行為を非難するという義務的な儀式が広く課せられたことはなかった。相手側の戦争行為を支持することはタブーだったが、その話題はほとんど無視されていた。戦争の双方に反対するという考え方が一般的な理解に入ったことが、変化の一部である可能性はある。しかし、それはウクライナに関しては、誰もがそのような概念を理解できないと嘘をついていることを意味する。

もちろん、9 世紀の終わりのない戦争と占領に関するすべての論評の前に、11/XNUMX の犯罪を非難する人はたくさんいたし、今でもそうする人もいる。しかし、それは奇妙なことだった。なぜなら、それらの犯罪は明らかに限定的な規模であり、戦争の口実を誰も望んでいなければ、普通は法廷で起訴されるだけだったからだ。また、イラクはそれらとは何の関係もなく、アフガニスタンもそれらとはまったく無関係だったし、戦争が長引くにつれて、それらは時間的に遠く離れたものになったからだ。これは、戦争の活発な XNUMX つの側面を同時に対立させるにはほど遠いものだった。

第一に、人々はパレスチナにおける双方の戦争行為に反対するということの意味を熟考していないと思う。非暴力抵抗がいかにうまくいく傾向があるかを考えていない。第一次インティファーダの失われた教訓を学んでいない。カメラが成し遂げている変化とミサイルが成し遂げている変化を比較検討していない。大量虐殺の犠牲者にあえて良いアドバイスを与えたことを徹底的に叱責されて、そう、彼らは犠牲者を責めているのではないことを理解していない。双方の犠牲者の遺族が戦争行為に反対し、さらなる虐殺の後ではなく今すぐ交渉を主張していることの賢明さを、彼らは注意深く検討していない。どちらかの側による大量殺戮を応援することが、いかに不快なほど不道徳であるかを彼らは理解しているだけだ。

これは戦争廃止の考えを前進させる機会です。戦争は二つとして同じものはなく、同じ戦争の二つの側も全く同じではありませんが、双方に反対するという論理に関して言えば、この戦争には重要な点で何ら違いはありません。事実とプロパガンダの組み合わせがどのようなものであっても、このような反対が大きな支持を得る結果となったとしても、それはあらゆる戦争と同様にここでもまったく同じくらい意味を成す反対です。なぜなら、いかなる戦争においても、支持に値する側など存在しないからです。いかなる戦争においても、この戦争の双方の側とまったく同じ顔と名前と物語を持たない戦争犠牲者はいません。私たちは生き残るためには戦争という制度を捨て去らなければならない地点にいます。戦争は核による終末の脅威、悪政の口実、偏見の燃料、選択の余地のない危機における協力の妨げ、必要な場所から資源を吸い取る落とし穴、環境の大きな破壊者、富の集中者、ホームレス、貧困、病気、トラウマの原因となります。

もし偶然に、あるいはソーシャルメディアが戦争の姿を私たちに見せてくれたおかげで戦争から脱却できるのであれば、私は大賛成です。しかし、そこには思慮深い意図も加える必要があるかもしれません。

3応答

  1. ハマスは文字通り、そして道徳的にワルシャワ・ゲットー蜂起のユダヤ人に相当します。今回はユダヤ人がナチスです。

    この紛争に「二つの側面」があるのなら、ホロコーストにも「二つの側面」があることになります。

    1. パレスチナでのあらゆる戦争には反対ですが、1943 年のワルシャワ蜂起との類似性を持ち出すのは完全に的外れです。ユダヤ人は、自分たちが強制死収容所に送られる次の波に反対していました。パレスチナでは選挙も行われ、ハマスが勝利しましたが、その正当性が今後も続くかどうかは疑問です。ハマスの戦闘員は民間の場所に隠れています。ガザのパレスチナ人は死刑囚ではありませんでした。どんな基準から見てもバラ色ではありませんが、機能する社会でした。残念ながら、あなたのコメントには大きな欠陥があります。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

関連記事

私たちの変化理論

戦争を終わらせる方法

2024年戦争廃止者賞
反戦イベント
成長を支援

小さなドナーは私たちを動かし続けます

月額15ドル以上の定期的な寄付を選択した場合は、お礼の贈り物を選択できます。 私達は私達のウェブサイトで私達の定期的な寄付者に感謝します。

これは、 world beyond war
WBWショップ
任意の言語に翻訳