World BEYOND War Marches for Peace i Japan

Af Joseph Essertier, World BEYOND WarFebruar 24, 2023

Essertier er Arrangør for World BEYOND War's Japan Kapitel

Næsten et år er gået siden den russiske invasion, og sidste weekend (den 18. og 19. februar) blev der afholdt forskellige arrangementer mod krigen i Ukraine og mod Japans nuværende militære opbygning det var annonceret den 16. december. Livet for mennesker i Østasien, inklusive livet for amerikanske soldater på baser på øen Okinawa, i andre dele af Japan og i Sydkorea er i fare i dette historiske øjeblik, hvor krigen i Ukraine kunne sprede sig ligesom en børste ild til Taiwan.

Gifu City March

For første gang tog jeg et banner af Japan for en World BEYOND War til en antikrigsmarch i Gifu City, der blev afholdt om morgenen den 19. Arrangørerne bød os hjerteligt velkommen og satte mange billeder i deres beretning om marchen på deres hjemmeside. Deres hovedkrav var "(Kishida), tag ikke denne beslutning helt på egen hånd for at sætte os på vejen til krig." Jeg sluttede mig til dem i at stille dette krav, fordi Kishida-administrationen tog beslutningen om at forpligte Japan til en militær opbygning uden diskussion og debat i Japans nationale kost, som er forfatningsstridig og åbenlyst udemokratisk. Selvom et flertal af Japans borgere godkender en militær opbygning, skal deres folkevalgte repræsentanter i regeringen være en del af beslutningsprocessen. Japan har den krigsfornægtende artikel 9, og den kan ikke overtrædes uden en revision af forfatningen. Desuden er premierministeren ikke valgt direkte af borgerne, og den nationale kost er kernen i Japans demokrati.

Det var koldt den dag, og det regnede let næsten hele tiden, men stemningen blandt demonstranterne var positiv, aktiv og samarbejdsvillig. I modsætning til i Nagoya stoppede mange eller de fleste mennesker på gaden og så på os, mens vi gik forbi, næsten som om vi gik i en parade. Jeg håber at deltage i flere Gifu City-begivenheder i fremtiden.

Nagoya City March

Om eftermiddagen samme dag (den 19.), Koichi Nakano holdt et foredrag, hvor han modsatte sig den nuværende militære opbygning. Han talte om, hvor urealistisk det ville være for Japan at være involveret i en krig med Kina, og hvordan det ikke altid er smart at blive venner med en kæmpe. Hvis Japan slutter sig til en amerikansk krig med Kina, vil det være en proxy-krig, og et mål med krigen vil være at ødelægge Kinas økonomi.

Han argumenterede for, at Japans nuværende opbygning delvist er baseret på ideen om afskrækkelse, og erfaringen har vist, at begrebet afskrækkelse lyder godt i teorien, men ikke virker i praksis. En interessant grund, som han gav, var, at statsoverhovederne i Japan, USA og Rusland alle er sikre. Hvis de selv er sikre, har de ikke meget incitament til at fremme fred. "Deter" kommer fra "de" (væk) og "ter" (frygt - samme rod som i "terror"), forklarede han. Denne idé om, at man kan forhindre krig ved at sætte frygt ind i sine fjenders hjerter, er falsk.

Taiwan er ikke uafhængigt, men er på en måde under USA koloniseret af USA, og derfor ville et skub fra Taiwan for "uafhængighed" (under USA) udløse krig. (Jeg vil sige "genstart den kinesiske borgerkrig, som midlertidigt blev sat på pause efter Kinas kommunistparti besejrede Nationalistpartiet eller Guomindang i alle regioner i Kina undtagen Taiwan).

Det, jeg skriver her, er ikke ment som et resumé af hans tale, som dækkede meget, men er blot et udpluk af et par interessante ideer og pointer, som jeg fandt interessante.

Arrangørerne af dette foredrag og march i Nagoya (Aichi afdeling af "Sougakari Koudou” 愛知総がかり行動) havde en plakat forrest i lokalet med fem krav:

  1. Modsat fjendens baseangrebskapacitet
  2. Fjendens baseangrebskapacitet er ulovlig
  3. Modsat militær opbygning
  4. Køb ikke USA tomahawks
  5. Modsat udsendelse af våben i "Sydvestøerne" (Luchu/Ryukyu)

日本で平和行進               2023 年 2 月 24 日

ジ ョ セ フ · エ サ テ ィ エ

ワールド・ビヨンド・ウォー日本支部長

 

ロシアの侵攻からほぼ1年が経過し、先週末(2月18日、19日)にはウクライナ戦争反対、12月16日に閣議決定された安保3文書の下での軍備増強に反対する様々なイベントが開催された。ウクライナでの戦争が、まさに燎原の火のごとく台湾に飛び火しかねないこの歴史的瞬間に、沖縄本島や日本各地、韓国の基地にいる米兵を含む東アジアの人々の生命が危険にさらされている。

 

岐阜行動

19日の午前中に行われた岐阜市の反戦デモ行進に、初めてJapan for en World BEYOND Warの バナー を 持っ て 行っ た。 主催 者 は を 温かく 迎え て くれ 、 サイト に 掲載 さ れ デモ 行進 の 報告 に に たくさん 写真 を 載せ くれ。 彼ら スローガン の 報告 書 に に 写真 を て た。 彼ら の スローガン は 「書 書 に たくさん を 載せ くれ。 彼ら の スローガン は 、「 「書 に '勝手に決めるな、戦争への道~改憲・大軍拡・大増税反対・岸田内閣」だ。 岸田 内閣 が 国会 の 議論 も なく 、 軍備 に に た から である たとえ 国民 の 過 半数 が 軍備 増強 賛成 賛成 決定 参加 参加 参加 参加 参加 参加 参加 し も も も も 国民 国民 に に 選ば 議員 賛成 決定 参加 参加 し し て て 'なければなら ない。 日本 に は 戦争 を 放棄 する.主義の中核をなすものである。

 

当日 は 寒く 、 ほとんど ずっと 小雨 が 降っ い た が 、 デモ 参加 の 雰囲気 は で 活発 、 協力 的 だっ た。 と と いる よう な な な と と な な な 人 人 人 の が が を 止め 、 パレード 見 よう よう な な 道 人 人 多く が 足 を 止め まるで '感じだった。今後も岐阜でのイベントにもっと参加したいと思った。

 

名古屋行動

19する こと が 必ずし も 賢い と は 言え ない 話し た。 もし 日本 アメリカ の 中国 の 戦争 に 参加 すれ ば 、 それ は は せる と 戦争 戦争 それ は は 戦争。 なり 、 戦争 の 目的 ひとつ は 中国 の を 代理 せる。 なり なり 、 戦争 の 目的 ひとつ は 中国 の を さ せる。。。 なり 、 、 の 目的 目的 は 中国 の を 混乱 せる せる。。 なり 、 、 戦争 の 目的 ひとつ 中国 の 経済 混乱 さ せる。。。 なり 、 '

 

日本 の 現在 の 軍備 増強 は 、 抑止 力 と 考え 方 に 基づい て いる 部分 あり 、 その 考え 方 は 理論 的 は よさ よさ 分かっ て 実際 実際 に に に に うまく うまく うまく うまく ない うまく に に に に に うまく うまく うまく ない ない と いう 経験 経験 分かっ て 実際 、 '主張 する。 興味 深い 理由 とし て 、 日 の 首脳 は 安全 である こと 挙げ られ た。 自分 たち が 安全 であれ ば 、 を 推進 推進 still Å

 

台湾 は 独立 し て いる わけ ではなく 、 アメリカ 下 に あり 、 ある アメリカ の 地 に なっ て いる のだ から 、 台湾 の に なっ なっ て 、 台湾 ((((台湾 台湾 (((((で で で で で (((台湾 ((が ((((' 。 (台湾 を 除く 中国 全土 で 産党 共 産党 が 国民 党 や 国民 党 を 、 一時 中断 て い た 中国 の の 党 党 、 し し い た の 内戦 の 再発 を 、 、 し て て て て 、 の の の の の 再発 再発 、 し し て の の 再発 再発 言っ て もいい 、 、 し て て て の の 再発 再発 再発 言っ もいい もいい。 、 し て て し て の の の 再発 再発 再発 言っ もいい もいい もいい もいい し し て し て の の の 再発 再発 再発 言っ もいい もいい もいい もいい

 

ここ に 述べ た こと は 、 内容 が 多岐 に わたる 中野 の 講演 の 要約 ではなく 、 が 興味 深い 感じ た いくつ か の 論点 を し た 私 が 深い 深い た いくつ の 論点 を し し た もの である である である である である である である である である である である である である である である である '

 

この 名古屋 で の 講演 と デモ 行進 の 主催 者 、 愛知 がかり 行動 は 、 最前列 に 5 つ 要求 を 書い た ポスター を 掲げ て て い い。。 い い て 掲げ て を を て て い い い い。。。 た た た た い い い。 た た い い。 た い

 

敵基地攻撃能力に反対する

敵基地攻撃能力は違法

軍備増強に反対

米国産トマホークを買うな

南西諸島への武器配備に反対

 

Giv en kommentar

Din e-mail adresse vil ikke blive offentliggjort. Krævede felter er markeret *

Relaterede artikler

Vores teori om forandring

Hvordan man afslutter krig

2024 War Abolisher Awards
Antikrigsbegivenheder
Hjælp os med at vokse

Små donorer holder os i gang

Hvis du vælger at give et tilbagevendende bidrag på mindst $15 om måneden, kan du vælge en takkegave. Vi takker vores tilbagevendende donorer på vores hjemmeside.

Dette er din chance for at genskabe en world beyond war
WBW butik
Oversæt til ethvert sprog